マインド

ビジネスで結果が出る人の共通点7選【なぜ同じ環境なのに、結果が出る人と出ない人がいるの?】

ビジネスで結果が出る人

こんにちはかつみです!
今回はビジネスで結果が出る人の共通点を7つ紹介します!

僕は現在、ネットビジネスの
コンサルを受けており、

多くの仲間や師匠に
基礎の基礎から教わっています。

そのコンサルではカリキュラムがあり、
みんな同じ手順で学んでいます。

教える人も同じ、手順もやることも同じ。

なのにできる人とできない人で
圧倒的な差がつきます。

中には挫折して姿が
見なくなってしまう人もいます。

僕は同じ環境で同じことを
学んでいるのに

こうも差がでるのかと不思議に思い、
調査することにしました。

すると結果が出る人と出ない人では、
考え方が真逆ということに気付きました。

結果が出る人は、考え方。つまり、
マインドが主体的です。

人からやらされていると考えながら
練習するスポーツマンと、

自分の意志で自分のために
練習するスポーツマン。

どちらが上達速度が早いかなんて
一目瞭然ですよね?

これはネットビジネスを
始めるにおいても同じことです。

この記事を適当に読んで、
マインドなんてどうでもいいや
という気持ちでいるならば、

あなたが成功するのは遠い未来になります。
または、挫折して夢を諦めることに
なってしまいます。

80対20の法則という
有名な法則があります。

80対20の法則というのは、
ある組織の中で成功するのは20%、
失敗するのは80%という法則です。

そして成功する20%の中で
大成功する人が20%、
成功で終わってしまうのが80%のように

うまく行く人とそうではない人は、
80対20の割合に分けられるという法則です。

あなたが成功する20%になるには、
ビジネスを始める前に、
マインドを変える必要があります。

この記事を読んで、成功する人の
マインドを身に着けることができれば、

あなたは最短で収益化を
することができて、

ライバルたちを置いてきぼりにし、
新しいことを始めてもうまくいく、
完全無双状態になります。

主人公が無双していくアニメや
映画って爽快で憧れませんか?

現実世界であなたもそうなるためには、
まずマインドから変える必要があります。

今回は僕の経験と調査から得ることができた、
成功する人の共通点について紹介ます。

結果を出す人の共通点①:即行動

1つ目は、思い立ったら即行動です。

これはビジネスで結果を出す人のみならず、
多くの成功者が同じことを行っています。

サントリーの創業者、鳥井信治郎氏の言葉
「やってみなはれ」はとても印象的です。

誰でも1回は起業したい、
YouTubeで稼ぎたい、
音楽やダンスで生活したいなど、

クリエイティングな活動をしたいと
考えたことがあると思います。

しかし、多くの人がリスクが大きいと
やる前から諦めてしまいまいます。

この世の中はやってみないと
分からないことだらけです。

好きなこと、得意なことを見つけるには、
新しいことを始めて、

自分に合った物を見つけるまで、
行動し続けなければいけません。

そういった意味で、
鳥井信治郎氏「やってみなはれ」は、

たった7文字ですが、
的を得ている言葉だと思います。

僕もリスクを恐れてやめますって
言う人をたくさん見てきました。

中には無料の情報なのに怪しいから、
といって避ける人もいます。

そういった人は、
自分の枠を超えて新たな一歩を
踏み出すことはできません。

あなたも「結果を出す人」
になるためにリスクを恐れず、

思い立ったら即行動しましょう。

結果を出す人の共通点②:即返信

2つ目は、LINEやメールは
即返信する人です。

一見すると当たり前だし、
簡単にできそうですが、
実際はとても難しいです。

これは僕の一番の課題でもあります。

休みの日や好きなことを
やっているときなどに仕事の連絡が
きたら後回しにしてしまいますが、

結果を出す人は後回しにしたら、
ビジネスチャンスを逃すかも
しれないことを知っています。

それに自分がメールを送って
即返ってくると送った側は心地いいです。

これは今、この瞬間から
変えることができます!

LINEやメールを即返信する
ようにしましょう。

結果を出す人の共通点③:バカで素直

3つ目は、バカで素直ということです。

僕がビジネスをやっていて思うのは、
学歴が全く関係ということ。

むしろ今まで教科書通りにやってきた人や、
物事を深く考えすぎたり、

自分の力で解決しようとする人は、
結果を出すのが遅いです。

反対に学生時代に体育会系の部活に所属し、
なんでやるのか分からないけど、

先輩の言うことだからと
素直に従ってきた人は、
ビジネスで結果を出すのが早いです。

これはなぜかというと、
いいメンターはあなたが成功するため、
成長するために正しいことを教えてくれます。

ときにはそれが遠回りになることもありますが、
間違ったことを教えることはありません。

疑ってしまい動けなくなって
しまうと成長が止まります。

僕はメンターに「なぜあの人は、
すぐ結果がでるのですか?」と質問すると

「あぁ、あの人はバカだから」
とおっしゃっていました。

この「バカ」というのは悪い意味ではなく、
考える前に体が動く、

言われたことを疑わず、
100%こなすという意味で

僕のメンターは、
「バカ」と言ったのです。

あなたもメンターに言われたことを
素直に受け止め、「バカ」に
なって行動しましょう。

もしいいメンターがいないという方は、
こちらの記事も合わせてお読みください。

結果を出す人の共通点④:他者貢献

4つ目は他者貢献です。

僕の周りでがんばっているのに
結果が出ない人がいます。

その方は、自分がもつノウハウを人に
奪われないように隠していたり、

他人とお客さんが被ったりすると、
僕が先だったので優先させてくださいと
言ったりする人です。

一見すると自分の利益を優先しているので、
いい結果が出そうですが、現実は真逆です。

こういう人は悪評が
噂を通して人から人へと伝わり、

どんどん荒が出てきて、最終的には
誰からも助けてもらえなくなります。

一人の力には限界があるので、
ビジネスで結果を出すには、
他人に協力してもらう必要があります。

ではそれはどうするか?

答えは他者貢献です。

人は自分が無償で助けてもらったら、
いつか恩をかえさないとと考えてしまいます。

それが溜まっていくと、
自分が落ち込んだときに多くの人が
手を差し伸べてくれるようになります。

他者貢献をすることは、
ある意味投資なのです。

しかし、ここで気をつけなければ
いけないことがあります。

それは、自己犠牲をしないことです。

自己犠牲をして他者貢献をすると
自分が破滅していく一方です。

そうならないためにときには、
助ける人を選んでもいいのです。

この人を助けても自分が
搾取されるだけだと判断したら、

無理して助ける必要はありません。

それを踏まえた上で、
他者貢献をするようにしましょう。

結果を出す人の共通点⑤:理想がある

5つ目は理想や目標があることです。

自分がいまやっていることを
どう将来に役立てますか?

これが答えれないと何のために
誰のためにやっているのか
分からなくなってしまいます。

スティーブン・R・コヴィー氏の著書
『七つの習慣』にもありますが、

自分の理想を思い描きそこから
逆算することで、
今やるべきことが決まってきます。

ビジネスで結果を出す人は、
これが明確です。

なので、達成したい目標、
理想の自分を思い描きましょう。

理想の自分を思い描くコツは共通点④
にもある他者貢献を意識することです。

副業で収入を増やしたい!
海外移住したい!という目標だと、
自分主体なので誰も応援してくれません。

副業で収入を増やして、
そのお金で人助けをしたいなどのように

他者に貢献できる目標を持つと、
他人から応援してもらえるようになります。

人に応援してもらえる目標を持ち、
その理想から逆算して今日
何をやるべきかを決めましょう。

結果を出す人の共通点⑥:孤独に強い

6つ目は、孤独に強いことです。

ビジネスで成功するなら
人に助けてもらうことが必要ですが、

結果を出す人は基本的には、
一人でがんばれる人です。

メンターから言われたことをやって、
フィードバックをしてもらい、

ある程度型ができたら、
後はそれを黙々とやるだけです。

しかし、結果が出ない人は、
一人になるとやる気を失ってしまいます。

孤独に強く一人になってもできる人は
周りにどんどん差をつけていきます。

トップまで上り詰めた個人事業主や、
経営者はみな孤独です。

この「孤独」というのは友達が
いないという意味ではなく、

相談しアドバイスをもらえたり、
モチベーションを上げてくれる人が
いないという意味です。

なぜ孤独かというと自分が一番上であり、
自分がアドバイスをする立場だからです。

もしそのレベルまで目指すのであれば、
孤独に強くならないといけません。

さらに孤独のメリットは、
時間とお金をすべて自分のために
投資できるという点です。

友達が多い人は今が楽しいかもしれませんが、
時間とお金を持っていかれてしまいます。

ビジネスで結果を出す人は、
自分が本当にやりたいことのために、
楽しむことを惜しんで努力しています。

友達と遊ぶことを心から楽しみ、
今を生きてると感じるのであれば、

それはとても素敵なことです。
しかし、そうでないのなら

自分の理想を叶えるために孤独になり、
孤独に強くならないといけません。

結果を出す人の共通点⑦:機械的である

7つ目は機械的だということです。

結果を出す人は、機械のように
毎日同じ時間に同じ作業を行っています。

習慣や決められた動きのことを
ルーティンと言ったりしますが、

ビジネスで結果を出す人は、
毎日がルーティン化されています。

z熱意を持ってやる、楽しんでやる、
モテベーションを保つために努力するなどは、

大事なことですが、
それをやろうとしている人は二流です。

結果を出す人はそんなことを
感じながらやってはいません。

やることが当たり前になっているので、
作業することは毎日お風呂に入ったり、

歯を磨いたりするのと同じ感覚で、
作業をこなしています。

もちろん楽しいからやっているのですが、
それをいちいち感じたりせず、
無心でやっています。

この領域まで達している人は、
サボるということが考えられなくなり、

モチベーションが落ちることもないので、
無敵状態です。

習慣を身に着けるには、
長い時間と膨大な努力が必要です。

さらに一度途切れてしまうと
元に戻すのが大変ですが、

機械的に行動できるようになれば、

ただ同じ毎日を過ごしているだけなのに、
理想の自分にどんどん近づいていきます。

一度スケジュールを時間単位で見直し、
作業をルーティン化するところから、
始めてみてください。

そうすれば最終的には作業をすることが、
苦ではなくなっていきます。

ビジネスで結果が出る人の共通点7選まとめ

まとめ画像

今回は、について紹介しました。

同じ時期に始めたのに
自分は成長してなくて、

ライバルだけ結果を出していたら
とても悔しいですよね。

悔しいという気持ちがあれば、
伸び代はありますが、

それが続くと自己否定に陥り、
挫折に繋がるかもしれません。

さらにそれが1年、2年と続くと、
ライバルは一流の経営者になってて、

人生をセミリタイヤしているのに、
自分は貯金もなく将来が見えないまま、

労働者を続けているということに
なるかもしれません。

そうならないために、
この記事を読んで結果を出す人の

マインドを身に付け、
行動や習慣に移してください。

そうすればあなたは、
80対20の法則の20%の
人間になり続け、

誰もが羨む理想の姿に
なれているはずです。

ぜひこれからも諦めずに、
がんばってください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

P.S.

知識、経験0でもできる
Webマーケティングの情報を
LINE@で発信しています。

ブログ、マーケティングに関する
個別無料相談承ってます!
公式LINE@の登録はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加