ライティング

Webライティングで避けるべきこと9つ【初心者感バレバレです!】

こんにちはかつみです!
今回はライティングにおいて避けるべきことを紹介します。

先日このようなツイートをしました。

このツイートをもっと詳しく
説明するべく、記事にしました。

現在SNSの流行により、SNSで
集客や宣伝をするようになりました。

SNSで何を発信し、クライアントに
どう価値を伝えるかというのは、
重要になります。

ライティングはSNSでの
情報発信に限らず、

ブログや、Webサイト、
ランディングページ作成でも
必要になるスキルです。

それなのにライティングを
疎かにしていませんか?

ツイートを見ていると
ライティングが下手な人や、
適当に配信している人はすぐわかります。

なぜなら、ライティングが
下手な人に共通点があるからです。

そこで今回は初心者がやりがちな
ライティングで避けるべき
10のことを紹介します!

避けるべきこと①:一文が長い

ライティングで避けるべきことの
1つ目は、1文が長いことです。

新しいデュアルカメラシステムで、好きなもの、目にするものをもっと写しましょう。これまでのスマートフォンの中で最も速いチップと一日中続くバッテリーで、充電回数が減り、できることが増えました。さらに、スマートフォンの中で、最も高品質なビデオが、あなたの思い出を今まで以上にあざやかにします。

という文章と、

新しいデュアルカメラシステムで、
好きなもの、目にするものを
もっと写しましょう。

これまでのスマートフォンの中で
最も速いチップと一日中続く
バッテリーで、

充電回数が減り、
できることが増えました。
さらに、スマートフォンの中で、

最も高品質なビデオが、
あなたの思い出を
今まで以上にあざやかにします。

参照:https://www.apple.com/jp/iphone-11/

という文章どちが読みやすいですか?

前者は見ただけで
読み気がなくなります。

後者は読点で改行されているので、
すんなり読めます。

文章は読みやすいところで
改行しましょう。

避けるべきこと②:全てを漢字に変換する

ライティングで避ける
べきことの2つ目は、
全てを漢字に変換することです。

今更ながらiPhoneに変えることにしました。何故ならiPhoneの方がAndroidより流行っているからです。恐らく来年までには買い換える予定です。

いまさらながらiPhoneに変えることにしました。なぜならiPhoneの方がAndroidより、はやっているからです。おそらく来年までには買い換える予定です。

前者は普段書かない漢字を
使うので堅い文章に見えます。

後者は見慣れない漢字を使わず、
ひらがなで書くことで読みやすいです。

ツイートの文字制限を気にして
漢字にするのはOKですが、

ブログなどでは、すべて漢字に変換せず、
ひらがなとカタカナも使いましょう。

避けるべきこと③:結論が最後にしかない

ライティングで避けるべきことの
3つ目は、結論が最後にしかないことです。

ライティングの方法で、PREP法、SDS法、
AIDAの法則、PASONAの法則、
Catch Me If You Canの法則、など、

さまざまなライティング法がありますが、
どれも共通して言えることが、

最初に結論、間に理由、
最後にまた結論という法則です。

大学のレポートや論文でも
注意されることが多いですが、
まず文頭に結論を持ってきましょう。

そうすることで文章の
説得力が上がります。

避けるべきこと④:あいまいな語尾や表現

ライティングで避けるべきことの
4つ目は、あいまいな語尾や表現ことです。

あいまいな表現や自身のない語尾は
説得力がなくなってしまいます。

近年異常気象により大気が不安定になることが多いと思われます。集中豪雨の中でも降雨の範囲が非常に狭く、時間あたりの降雨量が非常に多い、ゲリラ豪雨が多発するかもしれません。それにより住宅浸水や土砂災害などの深刻な被害がある可能性があります。雨の降り方と強さで危険度が様々なので、非常時に備えを検討してください。

近年異常気象により大気が不安定になることが多いです。集中豪雨の中でも降雨の範囲が非常に狭く、時間あたりの降雨量が非常に多い、ゲリラ豪雨が多発します。それにより住宅浸水や土砂災害などの深刻な被害をもたらしています。雨の降り方と強さで危険度が5段階で変わりますので、非常時に備えてください。

参照:https://www.city.iwanuma.miyagi.jp/kurashi/infrastructure/doro/documents/geriragouuhenosonae.pdf

ダメな例では「と思います」や
「かもしれません」など、

曖昧な語尾をつかうので、
備えをした方がいいのか、
しなくてもいいのか読者は分からなくなります。

いい例では「〜です」や
「〜します。」など、

言い切っているので、
備えをしようという気になります。

またダメな例では「様々」
という表現を使っていますが、

いい例では「5段階」
明確な数字を使っています。

「様々」だと読者はいくつあるのか
確認しなければいけませんが、

「5段階」と言えば、
読者の確認の手間が省けます。

曖昧なときは「と思います」
と言いたくなりますが、

読者を第一に考え、言い切って
自信のある語尾をつかいましょう。

避けるべきこと⑤:くどい文末

ライティングで避けるべきことの
5つ目は、くどい文末ことです。

SNSの流行により、人々がどこにいても繋がれるようになりました。それによりプライベートを侵害する人が増えるようになりました。なので住所が分かるような投稿をしなくなりました。

SNSの流行により、人々がどこにいても繋がれるようになりました。それによりプライベートを侵害する人が増えています。なので住所が分かるような投稿を避けるようにしています。

ダメな例では全ての文が、
「なりました」で終わっています。

まるで小学生の日記の
ような違和感があります。

同じ語尾で終わるのは2回までで、
3回目も同じ語尾を使う場合は、
語尾を変える。

それで違和感がある場合は
文章がよくないので、
1文を変えるようにしましょう。

避けるべきこと⑥:受け身が多い

ライティングで避けるべきことの
6つ目は、受け身が多いことです。

このフルーツジュースは10種類の果物が使われています。本商品に含まれる果物は全て国産で作られる、こだわり抜いた商品です。保存期間によって味が変えられてしまいますので、いつ飲んでも変わらない味が求められます。

このフルーツジュースは10種類の果物を使っています。本商品に含まれる果物は全て国産で作る、こだわり抜いた商品です。保存期間によって味が変わりますので、いつ飲んでも変わらない味が不可欠です。

ダメな例では「使われる」
「作られる」など受動態が使われいます。

避けること④と同じく受動態も
曖昧に見えてしまうので、
受動態は使わないようにしましょう。

避けるべきこと⑦:句読点がない

ライティングで避けるべきことの
7つ目は、句読点がないことです。

読点は息継ぎで使われることが
多いですが、読点の位置次第で
意味が変わることがあります。

A:彼は、この前街で見かけた、友人の後輩だ。

B:彼は、この前街で見かけた友人の、後輩だ。

Aは街で見かけたのは
友人の後輩ですが、

Bは街で見かけたのは、
友人です。

このように読点の位置次第で
意味が変わることがあります。

句点は文章の終わりにつけられますが、
避けること①であるのように

長い文章は読者の読む気を削ぎます。

文章が長くなる時は定期的に
句点を打って一文を短くしましょう。

避けるべきこと⑧:主語と述語が遠い

ライティングで避けるべきことの
8つ目は、主語と述語が遠いことです。

フィットネスクラブが、8月1日に新宿区で女性でも安心して利用できるように、女性専用でオープンします。

8月1日にフィットネスクラブがオープンします。場所は新宿区です。女性が安心して利用できるように女性限定のフィットネスクラブです。

ダメな例はフィットネスクラブ
という主語
と、

オープンするという述語が遠いです。

それにより情報がつまりすぎて
読みにくくなっています。

いい例のように主語と述語を近づけ、
一番伝えたいことをまず
最初に伝えるようにしましょう。

避けるべきこと⑨:接続詞が多い

ライティングで避けるべきことの
9つ目は、接続詞が多いことです。

なおフィットネスクラブを利用される際には、事前予約が必要となります。おそらく、直前予約は混み合うことが予想されます。なので早めの予約をお願いします。そして予約はネットで行うことができます。

フィットネスクラブを利用される際には、事前予約が必要となります。直前予約は混み合うことが予想されるので、早めの予約をお願いします。予約はネットで行うことができます。

ダメな例のように接続詞が多いと、
読みにくさはもちろん、

話し言葉のようになります。

お客さんに伝えたいのに、
友達口調では、誠実さがなくなります。

接続詞はなるべく減らして、
丁寧で読みやすい文章を
書くようにしましょう。

まとめ

まとめ画像

今回はライティングで避ける
べきことをまとめました。

この記事を読んで、「自分やってる…」
と思う方も多いのではないでしょうか?

自分も当てはまっていると感じた人は、
注意して修正してください。

ぜひいい文章を書き、
ライターならクライアントに
認められるように、

セールスページを書いている人は、
成約率が上がるように
いい文章を書きましょう。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

P.S.

知識、経験0でもできる
Webマーケティングの情報を
LINE@で発信しています。

ブログ、マーケティングに関する
個別無料相談承ってます!
公式LINE@の登録はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加