習慣

【なぜあの人は努力が続くの?】努力を習慣化する7つの方法

こんにちはかつみです!
今回は努力を習慣化する7つの方法についてまとめました。

突然ですが、みなさんは将来の目標や
理想の自分像などはありますか?

もしあるのであればそれに向かって、
何か行動をしていますか?

理想の自分に近づくために
成長するには、1日でどれだけ
積み上げられるかが大事になります。

1日サボるだけならいいですが、
1日サボると次の日もサボっても
いいかという思考になります。

そうなると今度は1週間、
1ヶ月とサボる期間が伸びていき、

最終的には1年間何もしなかった
ということになってしまいます。

1年あれば人は大きく
変わることができますし、

新しいことを始めても1つの
成果を出すことができます。

なのに振り返ってみると
去年の自分と何も変わっていない
ということはありませんか?

僕も大学を留年したとき、
何か埋め合わせをしないと、

と思ったのに結局何もしなくて
1年間を無駄に過ごしました。

なぜ何も変わることができないか、
なぜ1年たったとき後悔することになるのか。

それは努力が習慣化されていないからです。

1日だけやる気を出しても、
明日も明後日もそのモチベーションを

維持しないと成長に
繋げることはできません。

ただ人の意志の力には限界があります。

がんばろう!と思って努力を
するといつか意志の力が燃え尽きて、
努力が継続できなくなります。

そうならないための習慣です。

努力が習慣化されている人は
やることが日常生活の
あたりまえになっているので、

やらないことが逆に気持ち悪くなります。

歯を磨かなかったり、
お風呂に入らないで寝るのは
気持ち悪いですよね。

それと同じ感覚で努力しないと
気持ち悪いというところまで、

習慣化してしまえば、
普通に生きているだけで
理想の自分に近づいていきます。

今回はその習慣化をする方法に
ついてまとめたので、
ぜひ身に付けてください。

習慣化をする方法①1週間で4回やる

努力を習慣化をする方法の
1つ目は1週間で4回行うことです。

習慣を手に入れる最低回数が、
1週間で4回だそうです。

筋トレやダイエットをする、
勉強をするなどは最低でも、

週4回行うことで、習慣になります。

あくまで最低なので、慣れてきたら
回数を増やすようにしましょう。

まずは週4回を目標に
頑張ってみましょう!

習慣化をする方法②小さいことから始める

努力を習慣化をする方法の
2つ目は小さいことから始めることです。

いきなり大きな目標をもって
努力しようとすると、

1日、2日は熱意を持って
やるかもしれませんが、

それ以降は続かなくなります。

習慣は1日がんばることではなく、
毎日少しでも続けることが大切です。

そのために小さいこと
から始めてください。

例えば、3時間勉強するという
目標なら、1時間は集中する。

筋トレをするなら毎日1回はする。
のように目標を小さくしましょう。

またやりたくないときは、
どういうときかというと、

やることが面倒臭いのではなく、
行動を起こすのが面倒臭いときです。

なぜ行動を起こすのが面倒臭いと
思ってしまうかというと、

目標が大きすぎて、
先のことを考えると、
幻滅してしまうからです。

5kg痩せるという目標があるとして、
その過程を想像すると
やる気がなくなってしまいます。

毎日ジムに行くのように
目標を小さくしましょう。

ジムに行くだけなら簡単ですし、
そこで運動を頑張っている人を見ると

自然とやろうという気持ちが生まれ、
結果的にダイエットをするようになります。

習慣化をする方法③スイッチを決める

努力を習慣化をする方法の3つ目は、
スイッチを決めることです。

行動を起こすための
スイッチを作りましょう。

例えば家で勉強できないならカフェや、
自習室など勉強できる環境でやる。

筋トレをする気にならないなら
ジムについたらやるなど、
やる気を出すスイッチをつくりましょう。

またペンの先を見つめたら集中する、
集中力が切れたらペン回しをして

集中力を取り戻すなど、
おまじないを決めておくと、

最初は効果が薄いですが、
続けるとルーティン化され、
集中力を取り戻せるようになります。

このようにスイッチを決めて、
それを押されたらやると決め、
続けることで、

自然とスイッチを
切り替えれるようになります。

習慣化をする方法④人に宣言する

努力を習慣化をする方法の4つ目は、
人に宣言することです。

やる前から人に宣言することで
サボることができなくなり、

やらざるを得ない状況を作ります。

僕の場合は朝やることを
SNSで宣言しています。

もしサボったら自分のフォロワーを
裏切ることになるので
やらないといけなくなります。

人に宣言することで自分を追い込み、
やらないといけない状況をつくりましょう。

習慣化をする方法⑤1日のスケジュールを決める

努力を習慣化をする方法の5つ目は、
1日のスケジュールを決めることです。

今日何をやるかを決める人は
多いと思いますがそうではなく、

分単位でこの時間は何をやるか、
何時間休憩するか、

何時にご飯を食べて、
何時に寝るかを決めましょう。

習慣を手に入れるためには、
スケジュールにずれがあってはいけません。

スケジュールをずらさないように
するためには、
1日の始まりが肝心です。

同じ時間に始めるために
毎日同じ時間に寝る。

そうやって習慣を
手に入れていきましょう。

習慣化をする方法⑥やる気に頼らない

努力を習慣化をする方法の6つ目は、
やる気に頼らないことです。

上でも記しましたが、
人の意志の力には限界があります。

自分の周りでビジネスで結果を
出す人が口を揃えて言うことが、

努力している感覚がないということです。

やる気に左右されていては
習慣は手に入れられません。

やる気がなくても毎日少しは必ずやる。
そうすればやる気に関係なく
努力できるようになります。

習慣化をする方法⑦目標を細分化する

努力を習慣化をする方法の7つ目は、
目標を細分化することです。

マイルストーンと言ったりしますが、
まず人生の目標を決める。

それを叶えるために
5年後、3年後、2年後、1年後
などの細かい目標を立てる。

そして半年後、3ヶ月後、2ヶ月後、
1ヶ月後、1週間後、明日など

人生の目標から逆算して明日、
何をしないといけないのかを決めましょう。

そうやって逆算することで明日から、
何を何のためにやらないと
いけないのかが、

分かってくるようになります。

今やっていることが
行き詰まってしまったら、

目標を細分化して、
1度自分を見直すところから
始めてみてください。

まとめ

まとめ画像

今回は努力を習慣化する7つの
方法についてまとめました。

いい習慣を手に入れ、悪い習慣を
断ち切るのは簡単ではありません。

しかし、1度いい習慣を手に入れれば、
ただ生きているだけで、
理想に近づいていく状態になります。

反対に悪い習慣を立ち切れなければ、
時間を無駄にするだけではなく、

お金を使ったのに何も残ってない、
ということにもなりかねません。

そうならないためにも、
いい習慣を手に入れてください。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

P.S.

知識、経験0でもできる
Webマーケティングの情報を
LINE@で発信しています。

ブログ、マーケティングに関する
個別無料相談承ってます!
公式LINE@の登録はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加