自己啓発

『集中力-人生を決める最強の力-』まとめ

こんにちはかつみです!

今回はセロン・Q・デュモンさんの
『集中力-人生を決める最強の力-』
を読ませていただきました!!

著書には
集中力とは、

何かをやりたいという意思をもち、
それをやること

とあります。

集中力だけでなく意思の力も手に入る
一冊となっています。

成功する人の条件

成功する人とは
ものごとの完成を予感する習慣をもち、

つねに成功を確信しています。

失敗する人は、
挫折を想像する習慣をもち、

実際に失敗を引き起こします。

なぜ人は集中できないのか

集中するためには、
意思の強さが必要です。

優柔不断な人は、
意思が弱いため

精神を集中できないのです。

集中力とは
一貫して、

心の強さ以外の
なにものでもありません。

遊ぶ時は思い切り遊ぶ

娯楽に身を委ねる時は、
娯楽以外のものを

頭から追い出すことで、
集中力を高めることができます。

何をしているときでも、
そのときしていることだけを考えましょう。

心を「真の自分」
その輝かしい可能性に集中すれば、

集中がつくとともに、
自分に対する評価も高まります。

呼吸をコントロール

長く深く息を
吸い込む練習をしましょう。

筋肉のエクササイズで集中力を養うなんて
馬鹿げていると思うかもしれませんが、

心は筋肉や神経とつながっている
ということを忘れないでください。

神経と筋肉を安定させるエクササイズが、
集中力を高めるために重要です。

短気になっていると感じたら、

ゆっくり深く呼吸をすると、
気を長くもちやすくなります。

成功するための心構え

「道を見つける。
道がなければつくる!」

必要なことは、
すべて必然に起こります。

正しいことはすべて、
実現可能です。

「わたしにはできる。
意思をもってやる。
やらなければならない。」

と言ってください。

ネガティブをコントロール

恐れを知らぬ人と
恐れに苛まれる人の違いは、

その人の意思であり。希望です。

不安をコントロールできないときは、
自分の誤った決断に向かってこう言ってください。

私はひるむことも恐れることもありません。
なぜなら私は一人ではないからです。

目に見えない力が取り巻き、
私にとって不利な状況を
取り除く手助けをしてくれます。」

迅速な判断でチャンスを掴む。

決断力を養い、
何かを始めたら成果が出るまで粘りましょう。

なんでも始める前に先を見越し、
最後はどこに着くかを考えることが必要です。

決めたことを投げ出すたびに、
あなたの決断力は衰えていきます。

知性を磨くより、意志の使い方を
学ぶ方がずっと大切です。

人を豊にするメンタル・ディマンド

心の中で強く望めば、
声に出さなくても相手に伝えること
ができます。

これは偶然ではなく、
強い集中力が生み出した結果です。

何も欲しがらない人は、
ほんの少しのものしか手に入りません。

断固として望むことが、
欲しいものを手に入れる第一歩です。

悪習慣を断ち切る。

まず気づいて欲しいのは、

すべての習慣は意志によって
コントロールされている

ということです。

どんな習慣も、
それと反対のものに

強く集中することで、
断ち切ることができます。

決意を守ると
価値のある習慣が生まれ、

決意を破ると
危険な習慣が生まれます。

富を手にするステップとは?

思いが「電気」のように、
現実的な力であることを忘れないでください。

いい影響を与えてくれるもので
自分を囲み、

自分が受け取る思いと同じように、
善良な思いを送りましょう。

富を思えば富が引き寄せられます。

みすぼらしい格好で、
講演に来て

私は裕福にならない
運命なんだと思います。

という人がいました。
その人が貧困である理由は、

自分の行動と信条で、
貧しさを引き寄せていたのです。

望みは何でも叶う。スピリチュアルな法則。

自分には潜在的なパワーがあり、
そのパワーが鍛えられていれば、

成功に導く、無限の可能性が
自分の思い通りに使える。

ということにやがて気づくでしょう。

弱い人は状況にコントロールされます。
強い人は状況をコントロールします。

成功するという自信を持ちましょう。

毎日成功するイメージを
描いていると、

やがて現実になります。