小説

海賊とよばれた男

海賊とよばれた男 上
海賊とよばれた男 下

百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』を読んでみました。

あらすじ
 一九四五年八月十五日、配線ですべてを失った日本で一人の男が立ち上がる。
男の名は国岡鐵造。出勤簿もなく、定年もない、異端の石油会社「国岡商店」の店主だ。一代かけて築き上げてきた会社資産を殆ど失い、借金を負いつつも、店員一人も馘首せず、再起を図る。石油を武器に世界との新たな戦いが始まる。

この物語は第二次世界大戦後の日本を舞台にした物語です。主人公である国岡鐵造の国岡商店は、元は、石油の販売をしていましたが、GHQから石油の制限をされ、会社は厳しい状況に立たされてしまいます。

社員へのお給料が払えなくて、首をきる会社が増えてる中、国岡鐵造は、「人間尊重」の精神を大切にし、誰一人として、首にしませんでした。

戦争から帰ってきた店員たちの帰る場所をつくるために、残っている店員たちと必死に国岡商店を再建します。

この本は名言がたくさんあります。とくに私が好きな言葉は国岡鐵造の座右の銘でもある、「士魂商才」です。

士魂商才とは武士の心をもって商いをせよという意味です。
作中では黄金の奴隷たる勿れという言葉もでてきましたが、個人の損益ではなく社会の貢献を考えた行動をしろという意味です。

昔の日本人は、黒船が来航したときや、戦争で負けた後など、日本という国のありかたに危機感をもち、個人が日本のためになにかしなければという精神があったように思えます。

平成は戦争がなく平和な時代でありましたが、個々の日本をよくしようという気持ちが薄いのかもしれません。

もっと本を読んで昔の人たちがどういう気持ちでどうやって日本という国をつくりあげてきたのかを知り、その精神を学びたいとこの小説を通じて思いしした。