小説

カエルの楽園 感想

著:百田尚樹 のカエルの楽園を読みました。

あらすじ

 国を追われた二匹のアマガエルは、辛い放浪の末に夢の楽園にたどり着く。その国は「三戒」と呼ばれる戒律と、「謝りソング」という奇妙な歌によって守られていた。だが、南の沼に棲む凶悪なウシガエルの魔の手が迫り、楽園の本当の姿が明らかになる。

簡潔なまとめ

 国に凶悪なダルマガエルがやってきて、アマガエルを襲います。
ダルマガエルから逃げるために二匹のアマガエル、ソクラテスとロベルトは平和な国であるナパージュの国にたどり着きます。

ナパージュの国に棲んでいるのはツチガエルですが、よそ者である、アマガエルを歓迎してくれます。ナパージュが平和であるのは「三戒」と呼ばれる戒律があるおかげだとツチガエルたちは、信じていますが、実はタカのスチームボードが守ってくれていたからです。

しかし、ツチガエルたちは、スチームボードの提案に対し、「三戒」に反するというころでスチームボードを追い出してしまいます。それにより崖のしたに棲んでいたウシガエルたちが進行してきてしまうのです。

感想

 この物語は、アマガエルであるソクラテスが自分の国から逃げ、ナパージュにつくまでに残酷な描写がありますが、ナパージュについてから物語が始まるといってもいいかもしれません。

カエルの題材にしているので小さい子供にも読みやすい小説となっていますが、実は、ナパージュのスペルは「napaj」であり「japan」を意味しています。タカのスチームボードはアメリカ、侵略してくるウシガエルが中国を示しています。

ほかにも、陸海空の自衛隊を表すカエル三兄弟、憲法第9条を表す元老院、メディアを表す語り部のカエルなど、現在の日本忠実に表しています。

それを理解したうえで読んでみると、ナパージュの国のカエルたちが他人事ではないことがよくわかります。

日本は平和な国として、戦争をしてはいけない!アメリカが守ってくれる!と考えていましたが、敗戦国の考えを捨てて、自分の国は自分たちで守っていかないといけないと思います。