ライティング

ブログを書くための手順書【1文字目から書けない…なんてことありませんか?】

ブログを書くための手順書

こんにちは!かつみです!
今回はブログを書くための手順について紹介します。

ブログを始めたとき一番の悩みが
書き方が分からないことだと思います。

今回はそんな悩みを解決します!

書く順番が分からないと、
ブログを書こうとパソコンを起動したはいいけど

何からはじめたらいいか
分からないまま時間が過ぎていき、

最終的に更新頻度が落ちて
モチベーションがなくなっていってしまいます。

ブログを初めて1年続く人は
10%にも満たないと言われています。

ブログのテーマが決まり、書こうと思った時、
書く順番が決まっていれば悩まずスラスラと作業が進みます。

今回はスラスラ書けるようになる、
ブログを書くための手順を紹介します。

自己紹介をする。

まず最初にやることは、
自己紹介をすることです。

あなたは誰なのか、どのような実績があって
ブログを書いたのか紹介する必要があります。

自己紹介は重要ではないですが、
実績を示せば説得力が増しますし、

誰のブログか分かれば読者が
ファンになってくれるかもしれません。

文頭に自己紹介があるだけで、
堅苦しさがなくなります。

最初の1文字すら悩んで書けないという人は
自己紹介から書いてみてください。

興味を引く文頭を書く。

文頭はタイトルに次いで
2番目に大事な部分になります。

せっかくブログを開いてもらえたのに
文頭よくないと一気に興味がなくなってしまいます。

興味をそそる文頭でしっかり読者の心をつかみ、
最後まで読んでもらえるブログを書きましょう。

「そんなこと言われても書けない!」
という人のために興味がそそる文頭が

書けるようになるテンプレートをまとめたので、
こちらの記事も一緒に参考にしてみてください。

なぜブログを読む必要があるのかを提唱する。

文頭がかけたら、読者にこのブログを最後まで
読んだらどんな良いことがあるのか、

このブログを読まなかったら
どんな不幸な未来が待っているのかなど、

「得たい欲」と「避けたい欲」を
煽るような文章を書きましょう。

読者は有益な情報だけを欲しているので、
文章を飛ばしながら読みます。

読者に刺さる「得たい欲」と「避けたい欲」であれば、
緊張感をもってブログを読んでもられるようになります。

骨組みとなる見出しを決まる。

ついに本文を書く段階まで来ました。

しかし、いきなり本文を書き始めようとすると、
何をどの順番で書こうとしたのか迷ってしまい、

最悪途中まで来て書き直す
という事態が起きてしまいます。

ブログを書き始める前にテーマを決め、
リサーチをする必要がありますが、

リサーチをしたらそれを
大まかにノートにまとめ、

  1. どれを見出しにするか
  2. どの順番で書くか
  3. 見出しごとに書く小見出しを3つほど

を決めていきなり本文に入らず、
見出しから書きましょう。

骨組みがしっかりしていると文章が書きやすく、
内容も見やすくなります。

見出しに肉付けするように本文を書く。

骨組みができたら、
肉付けをするように本文を書きます。

本文を書くコツは「PREP法」を利用すると
説得力があり、見やすい文章となります。

PREP法とは、

PREP法

  • POINT = 結論
  • REASON = 理由
  • EXAMPLE = 具体例
  • POINT = 結論を繰り返す

です。

まず結論を先に言う。

その後、理由と具体例を出し
最後にもう一度結論で締める。

この方法はブログだけでなく、
人を説得したい時や、論文などで

相手を納得させたいときなどにも
使えるテクニックです。

締めになるまとめを書く

最後にまとめを書きます。

内容を簡潔にまとめ、
それに自分の意見を交えて書きましょう。

そして、今から変えて欲しい習慣や、
メルマガやLINE@に登録、商品の購入など、

このブログを読んで読者にどのような行動を
とって欲しいかを書きましょう。

また読み終わった後に次のブログを
読んで欲しい場合は、関連している

おすすめ記事の紹介などをしましょう。

「まとめは適当でいいや」と気が抜けてしまいますが、
最後まで気を抜かず丁寧に書きましょう。

タイトルを決める。

最後にタイトルを決めます。

最初にタイトルをなんとなくで
決めてしまう方もいると思いますが、

タイトルはブログで一番重要なので、
最後に決めてください。

タイトルがつまらないと
ブログを見てもらえないし、

タイトルと本文がずれていたら最後まで
読まれる前にブログを閉じられてしまいます。

全て書き終わった後、内容にあった
タイトルをつけてください。

タイトルの書き方が分からないという方は
こちらの記事を参考にしてみてください。

タイトルがよければ記事を
見てもらえるようになるので、

ぜひ参考にして効果的な
タイトルをつけてください。

まとめ

まとめ画像

今回はブブログを書くための手順についてまとめました。

書きたいテーマはあるのに、
ブログにまとめるにが苦手という方は、

この順番で書いてみてください。

それでも手が止まってしまうという方は、
とりあえずなんでもいいから文字を打ってみる。

そうすると自然と言葉が
頭の中に浮かんで来たりします。

このブログを参考に「何から書こう」と、
悩む時間が短縮されたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

P.S.

知識、経験0でもできる
Webマーケティングの情報を
LINE@で発信しています。

ブログ、マーケティングに関する
個別無料相談承ってます!
LINE@の登録はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加